事業内容

総合建設業

土木、建築、とび・土工・コンクリート工事、鋼構造物工事、舗装工、造園、さく井、管工事、水道工事、解体工事、除雪事業

 

主に、官公庁発注の公共工事を中心に土木、建築工事を受注(元請)しているが、民間からの依頼(土工、水道工事、家屋解体、除雪等)も受け、地元地域の生活維持に貢献している。



SDGsについて

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。


小林組のSDGsの取り組みについて

 

年1回の健康診断の実施

新型コロナウイルスワクチン接種の促進

献血活動

資格取得の推進

技術研修制度

除雪作業による交通の確保

地元人材の積極的な採用

震災時、災害時のパトロール活動




現場に快適トイレの設置

エアコンの温度管理

社屋のLED照明の整備

節電、節水




完全週休二日制の導入

安全な労働環境の整備

季節に応じた作業服(空調服・ヒートベスト)の支給

熱中症予防などの安全への呼びかけ

ドローンやICTなどの最新技術の活用

ハイブリッド型重機の導入